新型コロナウイルス一日の国内感染者数1000人を突破(日本)

日本では5月下旬に相次いで緊急事態宣言が解除されたが、その後、感染者数が爆発的に増大しつつあり、2020年7月29日、ついに1日の新規感染者数が1000人を突破した。これは過去最大の増加だ。

各地の主な新規感染者数は以下の通り。

東京都 250人

大阪府 221人

愛知県 167人

福岡県 101人

神奈川県 70人

千葉県 49人

沖縄県 44人

東京では、緊急事態宣言解除後に急速に感染者が増大したにもかかわらず、緊急事態宣言が再度発令されることがなかったため、爆発的な勢いで感染者数が増大し、全国に飛び火する結果となった。日本各地では、政府及び東京都に対して、「無責任で迷惑な対応だ」として非難の声が上がっている。

しかし、政府は「緊急事態宣言を再発令する状況にはない」として、放置する方針を表明している。