15歳女子高生を電車で痴漢後、駅近くのトイレで強姦した容疑で男を逮捕 (東京)

2019年12月5日12:58

警視庁捜査一課は、30日、婦女暴行の容疑で東京都町田市中町2の18の8、会社員別府信哉容疑者(49)を逮捕した。調べによると別府容疑者は、10月2日午前8時30分頃、通勤途中の電車の中で15歳の高校1年生の女子の下半身に触るなどの痴漢行為をした後、終着駅の新宿駅でこの女子高生の腹部を殴った上で、「ちょっとこっちへ来い」などと脅し、新宿駅より約300メートル離れた公衆トイレの中に連れ込み、強姦した。

取り調べに対し、別府容疑者は、容疑を認め、「性欲をがまんできなかった」と供述しているという。