キャバクラで働き、借金も/千葉大女子学生殺害・放火事件 (千葉県松戸市)

2019年12月5日15:37

キャバクラ「ファイン」のサイト内の美咲ゆかりのページ
キャバクラ嬢 美咲ゆかりさん/千葉大学園芸学部4年生 荻野友花里さん

先月22日に殺害され上、自宅マンションを放火された千葉大学園芸学部4年の女子学生荻野友花里さんは、消息筋によれば、多額の借金をかかえ、東京都台東区にあるキャバクラでアルバイトのキャバクラ嬢をしていた。また、韓国に何度も渡航し、カジノで遊んでいたという。借金は、カジノでの遊興によるものである可能性が出てきた。

このキャバクラは、東京都台東区上野にある「ファイン」という店。荻野さんは8月まで千葉県松戸市にある居酒屋でアルバイトをしていたが、それをやめ、その後、このキャバクラで週2回程度の割合で働くようになったという。荻野さんは、このキャバクラに2年前にも勤めていたが、その時は数ヶ月でやめたと同店では話している。荻野友花里さんは、このキャバクラでは、「美咲ゆかり」と名乗っていた。

キャバクラは、キャバレーとクラブから造られた和製外来語で、法的には風俗営業の内、接待飲食等営業に分類される。「3回通えば、店外でデート可能」が売り。店外デートを目的にした客が多い。

荻野さんは、殺害される1か月ほど前に恋人と別れており、また、殺害時、複数の男性に合い鍵を渡していたことがわかっている。

美咲ゆかり

荻野友花里

関連ニュース
女子大生のカードを使用した男が浮上/千葉大女子学生殺害・放火事件 (千葉県松戸市)
千葉大学女子学生、全裸で殺害され、放火される (千葉県松戸市)