島根県立大女子学生、生首で発見される/DNA鑑定で平岡さん本人と判明

2019年12月6日5:27

平岡都
平岡都さん

先月10月26日より行方不明の島根県立大総合政策学部1年、平岡都さん(19歳)が、11月6日午後1時45分頃、頭部だけの遺体で発見された。場所は、平岡さんが住んでいる学生寮から約22キロ離れた広島県の臥龍山(がりゅうざん)(標高1223メートル)の山頂付近。キノコ狩りに来ていた男性が発見した。

容姿が平岡さんに似ていたため、DNA鑑定が行われていたが、鑑定の結果、平岡さんであることが確認された。

一方、平岡さんと交友関係のある人の中で、平岡さんが行方不明になった時から連絡がつかない大学の先輩に当たる男性がいることが判明。捜査本部ではこの男性の行方を捜している。

平岡都
10月26日バイト先に入る平岡都さん

注) 写真は島根県警浜田警察署提供のもの。

関連ニュース
島根県立大学1年の女子学生が行方不明 (島根県浜田市)