猟奇的殺人との見方/島根県立大学女子学生バラバラ殺人事件

2019年12月6日7:06

平岡都
平岡都さん

10月26日に行方不明になった島根県立大学1年生、平岡都さんが殺害されていた事件で、11月8日に発見された胴体は、胸の部分がえぐられていたことがわかった。捜査本部では、猟奇的な殺人と言う見方を強めている。

その他、遺体には、顔面の左側に踏みつけたような足跡があり、顔と後頭部に殴打された跡も複数見つかっている。また、首を絞められたような跡が首に残っており、顔が鬱血(うっけつ)していた。このことから、平岡さんは何度も強く殴られた後、首を絞めて殺されたのではないかと見られている。

関連ニュース
女子学生のものらしき胴体部分発見される/島根県立大女子学生バラバラ殺人事件
島根県立大女子学生、生首で発見される/DNA鑑定で平岡さん本人と判明
島根県立大学1年の女子学生が行方不明 (島根県浜田市)