京大入試問題のネット漏洩に使われた携帯電話の契約者が判明

2019年12月7日7:23

インターネットに漏洩した京大の入試問題
引用元:産経新聞

2011年1月および2月に京都大学などの入試問題が試験中にインターネットに漏洩した問題で、インターネットへの接続に使われた携帯電話の契約者が判明した。この携帯電話の契約者は、山形県に住む40代の女性。この女性の19歳の息子が仙台市内の予備校に通っており、京都大学を受験した疑いがもたれている。

携帯電話によるインターネットへの入試問題漏洩と入学試験受験不正行為の手口
引用元:朝日新聞

入試問題の漏洩の場所となったYahoo!知恵袋の運営者であるYahoo!Japanが京都府警に携帯電話の識別番号を提供し、京都府警がその携帯電話サービスの運営会社であるドコモに対し任意で契約者情報の提出を求めた結果、契約者が判明した。京都府警では、捜査員を派遣し、この女性とその息子の予備校生から事情聴取を行う。