愛知県、独自に緊急事態宣言発令(愛知県)

愛知県は、2020年4月10日午後1時、独自に緊急事態宣言を発令し、県民に外出自粛と首都圏や大阪府など政府が緊急事態宣言を発令した地域への移動の自粛を県民に強く要請した。


画像引用元:時事ドットコム

愛知県は、中部地方最大の都市、名古屋市を抱え、新型コロナウイルスの感染が早期に拡大。その後、急激な感染拡大の防止には成功していたものの、連日20人前後の新規感染者が発生する状況で推移していた。4月9日現在、愛知県の新型コロナウイルス感染者数は、全国5位の278人で、政府により埼玉県、兵庫県よりも多く、緊急事態宣言が発令された死亡者数は全国一位の21人で、2位の東京都の18人を上回る。

愛知県は、政府に緊急事態宣言の発令を要請していたが、政府の決定を待たず、独自に緊急事態宣言を発令した。今回の愛知県の緊急事態宣言には法的根拠はない。